元気な内にやっていこう!介護リフォームのススメ

>

介護リフォームには優先順位がある

生理現象に関係する場所が最優先

通常のリフォームだと施工時間や気になる場所など、リフォームの順位はある程度自由です。しかし介護リフォームは生活のしやすさがキモになるので、優先順位があります。
生理現象が関連するトイレやお風呂から施工すると事故を含めたトラブル回避に繋がります。これらの設備をリフォームする時に気を付けて欲しいのが、要介護者だけでは無く介護をする側や掃除、手入れをする事まで配慮する事です。毎日使うのがほとんどですので当然掃除や手入れが必要になりますが、手入れがしにくいと快適に使用する事は出来ません。
出入り口の入りや開け幅、座りやすさを考慮してリフォームして下さい。脱衣所に断熱材を導入して、保温効果を高めるのもおすすめです。

玄関や階段のリフォーム

トイレや浴室のリフォームが済んだら、玄関や廊下、寝室などのリフォームを行います。今は何の問題も無い段差や階段ですが、高齢になるにつれ足腰の可動域が狭くなったり、運動能力が落ちたりして少しの段差でもつまずく事が多くなります。しかも受け身を取る事が出来なくなっているので骨折したり、歯が折れてしまったり大けがをする場合もあります。
階段や段差を緩やかな斜面にしたり、踏み台を置いたりする事で負担が軽減されます。廊下には手すりやスロープはもちろんですが、車いすの場合は幅を広くするなど大掛かりな施工が必要になるケースもあります。
寝室は昇降機能付きベッドや、家具家電の配置など細かい部分のリフォームが挙げられます。


この記事をシェアする